FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良晒(ならさらし)

奈良曝とも書く。奈良地方で生産されてきた麻織物で、天昼間の時間晒されたものをいう。麻の生平(きびら)をさらし純白にしたもので、昼間の時間本の麻織物のうちでも代表的な高級気品とされてきた。一説には、奈良晒は文禄(ぶんろく)?慶長(けいちょう)年間(1592~1615)に始まったともいわれ、農自宅のアルバイトとして行われ、盛んに製織された。『万金産業袋』には、麻の最上気品と記されている。生産工程は、農閑期に手績(う)みにより糸をつくり、織り上げたのち、灰汁(あく)に浸(つ)けて不純物をとり、臼(うす)で搗(つ)いて柔軟性をもたせたのち河原や野原でさらした。このさらし方を天昼間の時間晒というが、生平の織物に水を打ち、太陽に曝露(ばくろ)することにより、過酸化水素晒の効果をもたらすことに入る。白地、あるいは染色して帷坊主(かたびら)?肌着などに使用してきた。現在では、奈良の月ヶ瀬でわずかに生産が継続しられている。奈良県指定の伝統工芸気品で、のれんや室内飾り気品などに用いられている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。