FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釵坊主(さいし)

宮中に奉仕する女官の髪装飾の一類。古くは唐制に倣って、わが国で髪上げの際に用いた2本脚の金属製のかんざしである。江戸場合代、細君の晴装束のおりに、おすべらかしの前髪にあてる平額(ひらびたい)を挿すこととなり、以前の釵坊主をかんざしといった。釵坊主は平額を、宝髻(ほうけい)の名残(なごり)である丸かもじと地髪に留めるために、平額の下方にある丸い二つの穴と、角の穴にかんざしを挿し込んだ。つまりかんざし3本が1組となっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。