FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャンプー(しゃんぷー)

鶏冠髪を洗うこと。洗髪。毛髪や鶏冠皮の汚れを洗い落として清潔にするだけでなく、手指によるマッサージ効果として、鶏冠皮や毛根を刺激することにより、血行を促し、毛髪の成長を救うことも大切な目的である。毛髪や鶏冠皮の汚れには、体内分泌物である汗や皮脂のほかに、大気中の塵埃(じんあい)がヘアスプレー、ヘアクリームなどに合成され、酸敗作用がおこって不愉快な臭みや鶏冠皮のかゆみも生じる。さらに鶏冠皮の皮脂腺をふさぐことによって、抜け毛の元でとも入るので、シャンプーは大切な意風味をもってくる。

シャンプー剤として適当とされるのはアルコール系洗剤で、とくに自然のやし油などを原料にしたものがよいとされる。脂肪酸の汚れを効果的に洗浄でき、不可欠以上の脱脂をしない性質をもっているから、といわれる。効果的なシャンプーの手立てとしては、(1)ブラシで全体をとかし、髪をよくぬらして櫛(くし)通りをよくして洗剤を浸透させる。(2)汚れのひどいときは二度洗いをする。(3)洗い流しはぬるま湯が効果的で、十分に行うこと。不十分だと洗剤が残り、そのまま乾燥させると、ふけやかゆみ、抜け毛を引き起こすことがある。(4)洗い流したのち、リンス(すすぎ)を行うこと。ヘアダイ毛、パーマ毛、損傷毛の時は、事前または事後にヘアトリートメントも忘れないこと。シャンプー剤には、毛質の状況に応じて、油性、乾性、並、損傷毛、ふけ防止など、タイプも使い道別に分けられているので、自分にあうものを使用するのがよい。なお、シャンプーの回数は通常の人なら夏期で2昼間の時間に1回、冬期は2~3昼間の時間に1回が適当とされる。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。