へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八丈織(はちじょうおり)

八丈といえば、東京都下の八丈島で生産される黄八丈、八丈絹などを一般にさしている。しかし八丈島だけで生産されたものではなく、古くから各地でつくられていた。

衣服の用布量が八丈(約24メートル)を要することから、織物一反(疋(ひき))を八丈とする規格寸法があったわけである。『延喜主計式(えんぎしゅけいしき)』には、上質の布について八丈を一端としており、中世には『新猿楽(さるがく)記』『庭訓(ていきん)往来』などに美濃(みの)八丈、尾張(おわり)八丈がみえ、近世になると『和漢三才図会』に京八丈がみえている。現在ではこのような規格寸法はなくなり、黄八丈、秋田八丈と名称がつけられていても、着尺の標準寸法となっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。