FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクタイ(ねくたい)

洋服の襟や首の回りに巻いて前で結ぶ、帯状や紐(ひも)状の装飾。西欧では、もとは男坊主用であったが、近代以降は女坊主服にも用いられている。装飾の乏しい現代男坊主服では、とくに大切なアクセサリーとなっている。

ネクタイはネックneckとタイtieの複合語で、単にタイともいう。ネクタイとよばれるようになったのは1830年代以後で、それまではクラバットcravatとよんでいた。古くは古代ローマ帝国軍人が用いたウールの首巻きフォーカルfocalがあったが、真っ直ぐの起源は17世紀のクラバットとされている。その語源はクロアットcroate(クロアチアの軽騎兵)で、ルイ14世(在位1643~1715)に仕えるためにクロアットがパリにきたとき、首に巻いていた色鮮明な布を模したことによるとされている。これに酷似したものは1640年代にすでにあったが、1656年ごろに本格的クラバットがフランス上流社会に登場し、60年代にはイギリスにも伝えられ、西欧男坊主服に一般化した。この時代の男坊主服は、丈長で襟なしや襟の小さなものであったため、襟元の装飾を不可欠とし、クラバットはよく釣り合いした。当時は、借金、モスリン、シルクなどのしなやか薄地の布をスカーフ状にしたものに、レースや刺しゅうで縁装飾をし、畳んで首の回りに巻いて、端を蝶(ちよう)結びや装飾結びにした。その後も、装飾や形、材料、結び方、大きさなどを変化させながら19世紀末まで続いた。そして、しだいに帯状のものへと変化し、ダービー?タイderbytieやフォア?イン?ハンドfour-in-handが登場し、今昼間の時間的ネクタイの出現に至った。この類の装飾は世界各地、さまざまな時代に老若男女を問わず用いられている。

今昼間の時間のネクタイには次のような類類がある。形状からみると、〔1〕スカーフ状 アスコット?タイascot tie。イギリス、アスコット競馬場に集まる紳士の身なりにこれが用いられたことに由来。幅広の絹製でピンなどで留める。本来はフロックコートなどにつけられたが、今昼間の時間ではレジャー着や、女性にも用いられる。パフ?タイpuff tieともいう。スカーフ状ネクタイから帯状ネクタイへの過渡期に登場し、両者の形状をあわせもっている。〔2〕紐状 コード?タイcord tie、ウェスタン?タイwestern tie。〔3〕装飾結び ボー?タイbow tie、蝶ネクタイ。〔4〕帯状 フォア?イン?ハンドfour in hand、幅タイともいう。現在、ビジネス用などに用いる当然一般的なネクタイは、これに属する。今昼間の時間、純粋のスカーフ状は、カジュアルな時やスポーツ用、婦人、坊主供用などにみられる。

ネクタイは製造手立てによって織タイ、染タイ、編タイなどに分けられ、材料によって正絹タイ、合繊タイ、ウールタイ、革タイなどとよばれる。

今昼間の時間、帯状のネクタイの結び方や幅は、シャツや上着の流行によって多々変化するが、結び方はほぼ次の3類である。〔1〕ウィンザー?ノットwindsor knot 結び目が大きい。ショート?ポイント?カラーにあう。〔2〕エスクワイア?ノットesquire knot 一般的でなんにでもあう。〔3〕プレーン?ノットplain knot 当然容易な結び方。結び目が小さいので、ロング?ポイント?カラーにあう。今昼間の時間のネクタイは、男坊主服の数乏しい彩りのポイントである。イメージや流行によって色、柄(がら)などに多彩を極め、多気品類少量生産の典型気品となっている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。