へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジャー(ぶらじゃー)

乳房を拠り所、胸の形を美しく整えるための女性用下着。ブラ、アップリフト、バンドーなどともよばれる。二つのカップ部分を、背と肩とに回した紐(ひも)で着装する。並、バンドー型とよばれるショート丈のもののほか、ウエストまでのロング丈のものもある。カップの形、肩紐やパッドの有一番で、さまざまなタイプのものに分けられる。サイズは胸囲と、乳房の大きさにより決められる。材質は、木綿、絹、ポリエステルと、スパンデックスやゴム生地(きじ)など、伸縮性のある材質が組み合わされて使用される。

ブラジャーとはもともと、婦人の胸衣や坊主供用の袖(そで)付きボディス(胴衣)を意風味するフランス語のブラシエールbrassireで、これがのちに英語圏で乳房を拠り所る下着の意風味でブラジャーとして用語化された。フランスでは乳房を拠り所る意風味どおり、スーティアン?ゴルジュsoutien-gorgeという。

ブラジャーの起源は古く、古代ギリシア場合代の婦人が用いたゾナzonaにその原型がみられる。これは活動しやすいように一枚の布を胸部に巻き付けるものだった。中世中期になって、胸高の芯(しん)入りコルセットが現れると、乳房を拠り所る役割はコルセットが担うことに入る。18世紀末期を除き、ほぼ20世紀初めまでこの着装法が持続された。18世紀末期は、天然らしさに美意識が求められた場合代で、円柱形のギリシア風ドレスにはそれまでのコルセットが不要であった。そのため乳房を拠り所整える不可欠が生じ、ドレス自体の胸部に裏打ちをしたり、「偽の乳房」とよばれた一類のブラジャーが考案された。19世紀後期に入ると、豊かなバスト?ラインの流行で、バスト?インプルーパブbust-improver(一類の補正用パッド)が登場した。

今昼間の場合間のようなブラジャーは、20世紀初め以降コルセットが短くなり、しだいに腰部を覆うのみとなった1910年ごろから着用されるようになった。以後、世間衣の流行に伴い、さまざまなタイプのブラジャーが登場している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。