へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備後絣(びんごかすり)

広島県福山市、府中市の界隈に産する木綿絣。1853年(嘉永6)富田久三郎によって、竹の皮巻で防染する絣糸の製法が考案され、井桁(いげた)絣が製作された。その後、輸入の紡績糸を使い、唐糸(からいと)絣、有地(ありじ)絣、谷迫(たにせこ)絣、また文久(ぶんきゅう)絣と称して気品物化された。明治初年、新しく備後絣の名で大阪へ出荷、明治末には年産44万反までに達した。1891年(明治24)には、機械括(くく)りが発明され、また久留米(くるめ)絣の技法を導入して、絵絣も生産された。染色は自然藍(あい)であったが、1920年代からは化学染料を用い、35年からは力織機を使うなど、機械化?合理化を進め、昼間の時間本最大の絣生産地となった。絣は紺地に経過(たてよこ)絣で、容易な幾何文から絵絣まで織り出しているが、色絣もある。もとは木綿絣で農自宅の普段着、作業衣となったが、需要の減少とともに、業者の多くはウール?絹織物に転じている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。