FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケット(ぽけっと)

資金や小物をめてて持ち歩くための小袋。また、衣服の世間側や内側に取り付けられた、上方や脇(わき)に口のある小袋のこと。衣服にポケットが取り付けられたのは16世紀からで、それ従来は、資金、鍵(かぎ)、小間物などは布でくるみ、胸元、フードの角、袖口(そでぐち)などに挟んでいた。この布がやがて巾着(きんちゃく)形の袋となり、腰の装飾帯からつるされ、中世には男女ともに用いられた。16世紀には実用的なものもできたが、ロココ風の膨らみの大きいスカートの流行のため、ポケットがその中につくられたので、小袋は姿を消した。しかし、フランス革命後にスカートの膨らみが小さく入ると、ふたたび小袋が用いられ、以後必要なものとなって今昼間の場合間に至った。

一方、いわゆるポケットが現れたのは16世紀後半で、装飾的な懐中場合計を導入するために、当場合の男坊主の下衣であるオードショスに脇ポケットがつけられた。その後、丈長の上着ジュストコールやアビ?ア?ラ?フランセーズ、そしてベストやジレにも今昼間の場合間みられるような雨蓋(あまぶた)付き、あるいは切り込みポケットが両脇につけられた。それに倣い、1870年ごろから普及し始めた婦人用背広にも、同様なポケットがつけられたのである。今昼間の場合間ポケットは、実用と装飾を兼ねたデザインの一要素にもなって、多くの衣服に取り付けられている。

ポケットの類類にはいろいろある。衣服の世間側につけるものはアウトサイド?ポケット、内側につけるものはインサイド?ポケット、衣服に布を世間側から縫い付けるものはパッチ?ポケット、衣服に切り込みをめてて内側に袋をはめ込むものをセットイン、あるいはカットイン?ポケット、雨蓋付きのフラップ?ポケット、玉縁仕上げの両玉縁ポケットと片玉縁ポケット、縫い目を利用してポケット口にしたシーム?ポケット、上着の両脇にあるサイド?ポケット、ポケット口に長方形の布を取り付けた箱ポケット(ウエルト?ポケット)、装飾だけで見せかけのフォールス?ポケット、袋の底がなく筒抜けの貫通ポケット、ズボンの脇線にあるトラウザーズ?ポケット、襠(まち)の引かれたアコーディオン?ポケットなどである。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。