へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦藁帽坊主(むぎわらぼうし)

麦藁の茎を真田(さなだ)状に編み、とじつけた帽坊主。おもに夏用に用いられる。ギリシア場合代にすでにペタソスpetasosやトリアthoriaという帽坊主があり、実用的な昼間の場合間よけとしては中世から農民がかぶっていたが、18世紀後半から華やかな婦人帽ができて流行した。1870年ごろ機械製造が始まり、80年代にはイギリスでボーター(カンカン帽)が現れ、1930年代まで流行した。昼間の場合間本では1878年(明治11)東京?大森の島田十郎兵衛がつくり始め、明治20年代から男坊主物を中心に流行した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。