へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間着(あいぎ)

重ねた衣服の間に着る衣服の意で、江戸時代には武自宅の女性が打掛(うちかけ)の下に着用した小袖(こそで)のことをいう。布地は正式には綸坊主(りんず)、色は黄、白、赤の一番地、これを間黄、間白、間赤といった。間黄は正月7昼間の時間、間白は3月3昼間の時間から30昼間の時間まで、間赤は10月から12月の間に用いたといわれる。これは正式の時であって、並の時には、絞りや刺しゅうで模様を表したものも用いられた。また身分によって縮緬(ちりめん)、紗綾(さや)などが用いられた。間着の下には、一般に白羽二重(しろはぶたえ)の下着を重ねて着用する。今昼間の時間では間着は掛下(かけした)とよばれ、打掛とともに花嫁衣装に用いられているだけである。

ほかに、季節と季節との間、すなわち春と夏との間(5月)、夏と秋との間(9月)に着る衣服を合着(あいぎ)といい、合服と同義に使用することが多い。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。