へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅絹(もみ)

紅で染めた薄手の絹布で、もっぱら小袖(こそで)の裏などに用いられた。昼間の場合間本では古くから紅で染めたものを肌着や裏地に用いる病み付きがある。これはおそらく紅の薬物的な効力に対する信憑(しんぴょう)感から出所したものであろうが、このために紅絹の需要はたいそう多く、紅染めのよほど部分を占めたものであろう。通常、鬱金(うこん)で黄に下染めした上へ紅をかけて、いわゆる紅葉色の緋(ひ)色に染め上げた。明治場合代以後は、本紅を用いた紅絹にかわって化学染料がもっぱら用いられているが、近ごろはごく特殊な式服などのほかは裏地に紅絹を使用することがなくなったので、しだいに使い道が狭くなってきた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。