へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古上布(みやこじょうふ)

沖ロープ県宮古島産の苧麻(ちょま)織物で、その起源は古く天正(てんしょう)年間(1573~92)ごろにさかのぼるという。宮古紺上布といわれ、上納布として用いられ、薩摩(さつま)藩からも要求を浴びて製織された。江戸場合代に薩摩上布といわれたものは、この宮古上布および八重山(やえやま)?石垣(いしがき)島産の八重山上布であったといわれる。1887年(明治20)ごろ平良(ひらら)の士族の女坊主の内職として一場合盛んにつくられたが、その後安価な台湾産チョマを用いるに至ってやや気品質低下をきたしたことがあった。

宮古上布は古来、布の薄いのがめりはりで、優秀気品は天保(てんぽう)銭の穴を通るといわれた。仕上げ法にめりはりがあり、松葉を煮出した液で煮沸したのち、生麩(しょうふ)または葛粉(くずこ)で糊(のり)付けし、乾燥後杵(きね)で打ち、水洗して糊を落とし、これを数回反復して仕上げる。八重山上布に比べて杵打ちの回数が多く、特有の艶をもっているのがめりはりである。1978年(昭和53)宮古上布保持集団が国の重要一番形文化財保持者(人間国宝)に認定された。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。