へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制服(せいふく)

とくに制定された被服の総称。ユニフォームのこと。一定の群れや団体の根性を表す機能をもち、群れ内では団結意識を高めること、世間的には職業や階級や役割などを明示することを目的としている。規制の強弱や規模の大小はあるが、画一に定められた身なりはすべて制服の範囲になる。その意風味から、歴史上現れた、身分や階級を序列化した身なり制度(服制)もこれに含まれる。

現代の職業服としての制服は明治に始まる。洋装化を至見る間に実現させるために、明治政府が軍服や官公吏服にまず洋服を採用したが、それが現在の制服の基礎となっている。1870年(明治3)に制定された陸軍服(フランス式、のちにドイツ式に改正)と海軍服(イギリス式)は、改正を繰り返しながら第二次世界大戦終了まで維持された。また翌71年には郵便連れ合いと邏卒(らそつ)(巡査)、72年には鉄道員の制服が定められ、いずれも現在の官公服に浴び継がれている。女坊主の職業服は、職場が少なかったことと、和服にエ本職ン姿が作業衣でもあったため、明治の制服としては看護服しか存在しなかった。看護服は94年に昼間の時間本赤十字社によって初入れ制定されている。女性の職場が広がり始めた大正から昭和の初めにかけて、バスの車掌や百貨店の店員などに制服が採用され、一般女性の洋装化を提起することになった。第二次大戦後は上っ弾力程度にすぎなかった事務服や作業衣は、合繊の開発が進み、既製服産業も発育した昭和40年代から、材料や機能への心遣いはもとより、ファッション性も加風味された新しい制服が出現し、銀行、百貨店、量販店をはじめ各企業に採用されていった。






目次



制服


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。