FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌舞伎衣装(かぶきいしょう)

歌舞伎は舞楽や能のように、発生や発達段階で権力階級の庇護(ひご)を浴びて成育したものではないから、その衣装もおのずと舞楽装束や能装束と異なってきわ入れ大衆的な特性がある。町人芸能として落成したのちにも、つねに武自宅階級に対する厠があり、一方、幕府の奢侈(しゃし)禁止令は、執拗(しつよう)にその衣装の材質や染織ノウハウに干渉を加えている。

このような環境界に育った歌舞伎衣装は、あたかも江戸大衆の染織が、その許された枠のなかでけっこうその個性を生かし、ときには幕府の弾圧が刺激となって新しいノウハウを発達させたと同様に、舞楽や能にはみられない大衆の根強さ、しぶとさ、がまん強さをみせている時が多い。すなわち、世話物に現れるような町方の風俗を表すものではいかに忠実な写実を行っても異常はないが、いったん時代物の武自宅や公自宅(くげ)のことと入ると、現実の身なりそのものを用いることすら禁忌であるから、歌舞伎衣装では、これをとっ拍坊主もない形のものにつくりあげている。たとえば、殿様が用いる小忌衣(おみごろも)という、襟が扇形に立った羽織のようなものや、お姫様といえば、いわゆる赤姫とよばれる赤地に金銀糸の刺しゅうの振袖(ふりそで)に、銀の派手な簪(かんざし)といったことが行われるなど、これは歌舞伎のステーヅを、現実と幻想とが不思議に渾然(こんぜん)と溶け合った、妖(あや)しく美しい仮象の世界に最盛期上げることに大きな役割をやっぱりいる。

衣装の材質は、舞楽や能の装束に比較すると比較にならぬほど貧弱であるが、ステーヅ効果のうえでは、歌舞伎の特性を最盛期上げるのに最大限の心遣いがなされている。たとえば、多く用いられている刺しゅうは、本格的なものではなくて、部分的に繍(ぬ)ったものの貼(は)り付けや、アップリケが多く、また衣装の表は絹でも裏は木綿であるとか、何枚も重ねて着ているようにみえる襲(かさね)の衣装が、実は襟元や裾(すそ)だけが重なっている人形仕立てであったりする。しかしこれがひとたび俳優に着装されてステーヅの上で振動すると、みごとな生彩を放って生きてくるなど、歌舞伎衣装ならではの実用に徹した強い大衆性である。






目次



歌舞伎衣装


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。