へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒下駄(こまげた)

下駄の一類。差歯(さしば)下駄ではなく、くりぬき下駄をいう。素材は手近にある杉、朴(ほお)、山桐(やまぎり)などで、自自宅製気品が多かったが、のち気品物化して軽い桐を用いた。嗅覚緒の臍(ほぞ)位置は関東では後歯の前、関西では後歯の背後にあける。当初の下駄は馬下駄とよんだが、17世紀後半から駒下駄というようになった。江戸場合代中期から末期にかけて、ぽっくり、芝翫(しかん)下駄、堂島下駄、羽根虫、引付(ひきつけ)、中折(なかおり)などの類類ができた。駒下駄に差歯をしたものを昼間の場合間和(ひより)下駄と称し、江戸下町の女性の間に人気があった。





下駄のおもな類類


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。