へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッション写真(ふぁっしょんしゃしん)

服飾や装身具のデザインとその流行、ならびにそれらと結び付いた暮らし風俗などをテーマとする写真をいう。モード写真ともいう。ファッションfashion(流行の意)はいつの場合代にも美意識や暮らし感覚が象徴的に表現される場合代精神のメッセージであるが、ファッション写真はそれを理想的に写真映像としてとらえ、さらに出版やポスターなどの印刷メディアと結び付ける役割を担っている。歴史的には1850年代から60年代にかけてのフランスで、裕福な層の女性たちの肖像と衣装が、当場合流行していた名刺判写真(カルト?ド?ビジット)などで紹介され、頒布されたことに始まる。

ファッション写真が初っ端に印刷されたのは、1880年フランスのファッション雑誌『ラール?エ?ラ?モード』で、ルーランジェー兄弟Charles Reutlinger(1816―80)、Emile Reutlinger(1825―1907)はその場合代の先駆者のファッション写真自宅として知られている。本格化するのは出版文化が庶民化する20世紀に入ってからであり、またシャネルやスキャパレリElsa Schiaparelli(1890―1973)ら大胆(ざんしん)なデザイナーの登場とオートクチュール(高級仕立て服)の流行が、その発展を促した。アメリカでは『ハーパーズ?バザー』(1867創刊)や『ボーグ』(1892創刊)を中心に、バロン?ド?メイヤーBaron De Meyer(1868―1949)やエドワード?スタイケンが活躍し、モデルにも有名スターが登場している。1920年代から30年代にかけては、セシル?ビートンCecil Beaton(1904―80)、ジョージ?ホイニンゲン?ヒューネGeorge Hoyningen-Huene(1900―68)、マーチン?ムンカッチMartin Munkacsi(1896―1963)らが活躍した。出版文化の爛熟(らんじゅく)とともに、ファッション写真自宅はつねにアート?ディレクターと共同で制作作業を行うようになり、ときとしてスナップやドキュメンタリーの手法も導入されて、静止的なポーズだけではなく動的な表現が加えられるように入る。第二次世界大戦後のアメリカでは有名なアート?ディレクター、アレクセイ?ブロードビッチAlexey Brodovitch(1898―1971)が場合代の一番上を初物、彼のもとで仕事をした写真自宅としては50年代と60年代をアービング?ペンIrving Penn(1917― )が代表し、60年代から70年代にかけてはリチャード?アベドンが目覚ましい活躍をした。

昼間の場合間本では1960年代から本式に始まり、秋山庄太郎(しょうたろう)(1920―2003)、大竹省二(しょうじ)(1920― )、中村正也(まさや)(1926―2001)らがこの場合期の代表的なファッション写真自宅であり、つづく高度発育期には数多くのファッション雑誌が創刊され、佐藤明(あきら)(1930―2002)、立木義浩(たつきよしひろ)(1937― )、横須賀功光(よこすかのりあき)(1937―2003)、篠山紀信(しのやまきしん)(1940― )らが活躍した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。