FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石持(こくもち)

紋付の生地を染めるとき、紋を導入する個所を白く円形に染め抜いたもの。また、その紋付の衣服をいう。既製染めの留袖(とめそで)、喪服などは石持になっていて、客の要求に応じて定紋を描き導入する。これを紋章上絵描きという。輪なしの紋の時は誂(あつら)え染めにする。

歌舞伎(かぶき)衣装でいう石持は、身分の低い武自宅、浪人、町人、百姓の男女が着るもので、自宅紋を導入する位置を円満に白抜きにしたままの小袖(こそで)である。地色は飛石(とびこく)といわれる栗梅(くりうめ)色や、海老石(えびこく)といわれる海老茶系が多く、『菅原(すがわら)』の「寺坊主屋」の戸浪(となみ)、『弁慶上使(じょうし)』のおわさが着る留袖がその例。また『妹背山(いもせやま)』のお三輪(みわ)など田舎(いなか)娘が着るときは、萌黄(もえぎ)色の模様入りの振袖が石持になっている。男坊主でも時代物で、百姓、漁師などが主要な役をする時は茶系の石持を用い、若い男の時は浅葱(あさぎ)系の色が多い。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。