FC2ブログ
へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇の目傘(じゃのめがさ)

雨天に用いる和傘の一類で、多くは女性のさすものである。この傘は、中央と周りに紺の土佐紙を弾力、その中間に白紙を弾力巡らすのがめりはりで、傘を開くと、太い輪の蛇の目模様が売れるところからこの名が天性た。元禄(げんろく)年間(1688~1704)に順番傘を改良して考案されたものである。徳川8代将軍吉宗(よしむね)の場合世に、定紋をつけることが起こり、これが女性や通人の間で流行した。渋(しぶ)蛇の目は中央と周りを渋と「べんがら」を混ぜて塗り、中間を白く抜いたもの、奴(やっこ)蛇の目は周りだけを薄黒くしたものである。

享保(きょうほう)?元文(げんぶん)(1716~41)のころから、柄(え)を細くした軽い傘が好まれ、のちにはこれを細傘といって腰にさして歩いた。幕末以降、欧米文化がもたらされて、和傘よりもじょ晩生な金属骨の洋傘が入ってきてからはあまり使われなくなった。現在では歌舞伎(かぶき)や粋(いき)向きの情緒好気品と化している。


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人

Author:服飾,服飾 雑誌 手芸,手芸屋,美容,美容 求人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。